つながる津軽三味線。津軽から世界へ。

津軽三味線 岩木山21津軽三味線ネットワークジャパンは、津軽三味線全国大会の歴史と伝統を継承し発展させていくことを目的としており、全国大会から世界大会へと名を変え、海外からも多くの方々が参加できるようになりました。

また、目的を達成するため、津軽三味線世界大会のほか、様々な活動に取り組んでおります。

岩木山山頂での津軽三味線大合奏や、これに合わせて、津軽民謡の発展と普及を願い、「津軽五大民謡」の歌詞募集・審査を定期的に行っています。

こうした活動を通じて津軽三味線が世界に羽ばたくその可能性を研究推進すると共に、奏者とファンが交流するための場として「津軽三味線国際シンポジウム」を2010年に開催いたしました。

2018 第37回 津軽三味線世界大会のご案内

2018 第37回 津軽三味線世界大会ポスター

2018年5月3日~4日に開催される津軽三味線世界大会は、多くの奏者・愛好家により継承されてきた津軽三味線の音色を、発祥地である津軽に響かせる場として開催されてきました。
歴史と伝統の中で守られ、また新たな試みが行われ続ける津軽三味線は、日本全国はもとより、全世界の奏者がその腕を競い合う場となりました。
奏者の登竜門として位置づけらる本大会は、聴衆の皆様にとっても、津軽三味線の今に触れることができる場として愛されています。
2018 第37回 津軽三味線世界大会の概要
2018 第37回 津軽三味線世界大会パンフレットダウンロード


2018年 第37回 津軽三味線世界大会インターネット中継いたします!



最新イベント情報